骨董品を高く買取してもらうコツは保存状態を良い物を売ること

ブランド品などを売る時と同様、骨董品も買取際、状態が値段に大きく値段を左右します。骨董品と呼ばれる品々は、元々古い物なのだから汚れていたり壊れているのは当たり前、などと言う考えは買取業者には通用しないです。 ですから、将来的に手放す可能性がある骨董品は、普段から大事に扱い保管状態等に気を配るべきです。いざ、買取に出す際も、どうせ手放す物だから的な考えは捨て、自分で落とせる汚れやほこりはできうる限り落とし、見た目を少しでも良くするのが賢明です。ただ、絵画や掛け軸等は、素人が手を加えると逆に取り返しがつかない状態になる事もあるので、先に査定をしてもらいある程度価値ある物だと分かってから、プロに清掃や表装の張替え等を依頼するのが良いです。 あと、骨董品の中でも、茶道具は必ず付属品(箱等)も揃えて買取してもらいましょう、何故なら、上等な茶道具は必ず箱に収納されているからです。中には、箱に有名茶人等の書が書かれている事もあるので、ないとあるとでは買取金額に大きな差が生まれます。